SUP Safety Essentials

一般的に、パドリングのスポーツは、すべての年齢とスキルレベルのパドラーに楽しみを提供する安全な活動です。 ただし、SUPはかなりリスクの低い活動であるという事実にもかかわらず、パドルアウトするたびに従う必要のある基本的な安全慣行がいくつかあります。

この記事では、パドルボードに乗っているときに怪我をする(または悪化する)リスクを大幅に軽減する、SUPの安全に関する重要なヒントをいくつか紹介します。 安全で責任あるパドラーになる方法を学ぶことは、あなた自身の個人的な幸福にとって重要であるだけでなく、あなたの周りの他の人が従うための良い模範を示すことにもなります。

それ以上の苦労なしに、それを正しく始めましょう…

1.PFDを着用する

パドルボーディングに関して言えば、個人用浮力装置を着用することは、あなたが実践できる最も簡単で最も重要な安全習慣の1つです。 一般に「PFD」と呼ばれる、これは人命を救うことができ、実際に救うために必要なSUPアクセサリです。

SUPの世界では、パドラーは通常、ライフジャケットまたはインフレータブルベルトパックのいずれかを使用します。 どちらにも明確な長所と短所があり、それらのいくつかに触れて、パドリング活動と個人的な好みに適したオプションの概要を説明します。

ここで取り上げるPFDの最初のスタイルは、ライフジャケットです。 SUPライフジャケットは通常、パドリングストロークへの干渉を最小限に抑え、よりスリムで合理化されたフィット感を提供します。 SUPライフベストは、私たちが議論している2つのPFDスタイルの中で明らかにかさばるオプションです。したがって、ミニマリストで小さいものを好む場合、これは理想的な選択ではない可能性があります。

救命胴衣は、快適さの尺度では低い評価ですが、インフレータブルベルトパックPFDと比較すると安全性が向上しています。 ライフジャケットはフルタイムの浮選を提供します—あなたが援助を必要としているときはいつでもそれを活性化するためにあなたがする必要があることは何もありません。 一方、インフレータブルベルトパックPFDは、それ自体では浮力を提供しません。 内蔵の救命胴衣を作動させるには、パドラーがコードを引っ張ってベルトパックのブラダーを自動膨張させる必要があります。 ほとんどの場合、これは大したことではありませんが、パドラーがボードからノックアウトされて意識を失った場合、これは生命を脅かす大きな問題になります。

2.SUPリーシュを使用する

ここで取り上げる2番目の安全上のヒントは、SUPリーシュを着用することです。 ひもは、パドルアウトするたびに着用する必要がある、もう1つのシンプルで超手頃なSUPアクセサリです。

多くのパドラーは、SUPリーシュを着用することの重要性を過小評価しており、ボードが脱落した場合でも常に手の届く範囲にあると誤って信じています。 穏やかなパドリング環境ではこれは真実かもしれませんが、風が強く不安定な状況では、ほんの数秒でボードから離れることができます。 特定の状況では、これは致命的であることが判明することさえあります。

SUPリーシュはパドリングストロークを妨げることはなく、パドリングストロークを使用していることすらわからないため、SUPリーシュなしで水中にいる必要がある理由はまったくありません。 これは、すべてのパドラーが使用する必要のある、命を救うもう1つの重要なSUPアクセサリであり、すべてのパドルボードパッケージに含まれています。

3.パドルパルを探す

スタンドアップパドルボーディングは、友人や家族と過ごすのに最適な方法であり、新しい人と出会う楽しい方法でもあります。 他の人と一緒に行うと、パドルボーディングはより楽しくなるだけでなく、より安全になります。

水上にいるときに緊急事態がいつ発生するかはわかりません。パドルパルを持っていると、常に誰かが後ろを監視することが保証されます。 SUPの安全性に関しては、バディシステムが最適です。

4.日焼け止めを忘れないでください

見落とされがちな領域の1つは、日焼け止めです。 太陽は非常に強力であり、太陽の反射にさらされている水の上に立っているとき、太陽への露出は明らかにさらに大きな問題になる可能性があります。

SPF定格の水着、帽子、サングラス、日焼け止めで覆うことを強くお勧めします。 適切な日焼け止めなしで水に何時間も費やすと、ひどい日焼けよりもはるかに悪化する可能性があり、リスクを冒すだけの価値はありません。

屋外に出て日光に当たるときは常に責任を持ち、身を守るために必要な予防措置を講じてください。

5.冷水で漕ぐ場合は、ウェットスーツを着用してください

幸運にも一年中温暖な気候の地域に住むことができれば、これはスキップできるセクションです。 しかし、冷たい水で漕ぐのに時間を費やすなら、ウェットスーツを着ることは実際にあなたの命を救うことができる非常に賢い習慣です。

最も熟練したパドラーでさえ時々脱落し、冷水への曝露の準備ができていないと、病気になり、低体温症にさえつながる可能性があります。 低温用に設計された高品質のウェットスーツを着用すると、パドル中に快適に過ごすだけでなく、安全を保つことができます。

最終的な考え

これらの非常に重要なSUPの安全に関するヒントについて楽しく学んでいただければ幸いです。 この記事で取り上げた情報をすでに知っている場合でも、これらのプラクティスの重要性を定期的に思い出しておくとよいでしょう。

SUPの安全性は、自信過剰または新しいパドラーによってしばしば無視または軽視されるトピックですが、この記事で概説されている基本的な実践は、スポーツの長期的な安全性と楽しみに不可欠な習慣です。 この記事に記載されている安全ポイントはどれも難しいことではありません。それどころか、パドルごとに誰もが実行できる、実行すべき非常に簡単なことです。

この情報を単に価値のない頭の知識として保存するのではなく、すぐに実践することをお勧めします。 世界で最高のヒントは、それらが適用されていない場合は少し役に立ちません。したがって、この記事にリストされている新しいものや現在行っていないものを見つけた場合は、遅らせないでください。開始してください。今日それらをやっています。